歯科医院経営コラム

【歯科医院経営におけるコンサルタントの役割】

歯科医院専門を謳うコンサルタントや、経営のノウハウを記した本は世の中に数多く存在します。

院長先生は、どの歯科コンサルタントに頼むのかをまず悩まれることと思いますが、コンサルタントの仕事は先生方の歯科の診療と似ています。

すなわち患者の症状を聞き、その主訴が「Pul」なのか「Per」なのか、あるいは「P急発」なのかのスクリーニングを診査しながら行う。そして原因を突きとめたら、患者の要望を聞きつつ病巣の除去や症状の改善に向けて手順や治療計画を示唆する。

私たち歯科コンサルタントの仕事は、これと全く同じです。しかし異なるのは、私たちはあくまで伴走者であり、先生方のお手伝いをする立場だということ。そして歯科経営の問題点や悩みは多岐にわたり、原因も個々の特性が強いということです。

 

そこで弊社では、まず先生の相談内容をインタビューで十分に把握してから、徹底的なリサーチに手間と時間をかけています。一般の歯科医院であれば大方こうだろうというような思い込み、歯科経営のプロトコール的なものはできるだけ排除し、お客様である歯科医院経営者の一人ひとりに向き合った、完全なオーダーメイドコンサルティングを提供いたします。

最初のインタビューでは、「違いを大切にすること」を前提にお話しします。一つとして同じ歯科医院はありません。先生の望むこと、スタッフ、立地、環境、条件等もさまざまです。対話を通して、互いに見えてくることもあります。時々、インタビュー後に「今日は良い提案を受けた」という言葉をいただくことがあります。インタビューなので提案は一切していないのですが、いろいろな視点からお聞きしたり、さらに深掘りしたりするやり取りを通して、先生ご自身の中で、お考えやご希望が整理できたのだと思います。

そうして導き出された、その医院にふさわしいゴール。私たちはそのゴールに向けて実現可能な道筋をつくっていく、すなわちコンサルティングを行っていくのです。